2011年5月20日金曜日

稲越功一的な肖像写真:ポートレートの話は奥が深すぎ

渋谷のYellowで稲越さんの写真とかについていろいろ雑談。何となく肖像写真の話に。作品をいくつか見ながら当時の撮影の様子とかを聞いていると見えてくる「稲越流」は実に興味深い話ばかり。この話はまた別でするとして、ふと壁際の棚に目を向けると、いわゆる当時の女性写真集のコーナーが。浅野夕子さん、紺野美沙子さん、藤谷美和子さん、沢口靖子さん、堀ちえみさん・・・の隣に矢沢永吉さん。最近、といっても2007年に出版された「百一人の肖像」(求龍堂)に収録されている文字通り百一人のポートレートとは表現そのものはもちろん違うのは当たり前だけど、当時のいわゆるアイドル写真集とは何やら違うムードが漂ってました。そういえば、ウチの女性スタッフ曰く「こんなカメラマンだったら私も撮ってもらいたくなるかも・・」だそうです。女心に訴える女性アイドル写真集ってことでしょうか。稲越さんのポートレートについては、今後もっと掘り下げてみたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿