2011年5月16日月曜日

「道場旬皿」 春から初夏 の料理が決定

道場六三郎が食材の本性と向き合い、これぞ道場和食という料理をアーカイブする「道場旬皿」の春から初夏の料理ラインナップが決定しました。震災の後いろいろなことがあって予定より1ヶ月ほど遅くなってしまい、楽しみにされていたみなさんにはご心配、ご迷惑をおかけいたしました。すみません。
今回のラインナップは「粋に走りすぎない」という道場六三郎言葉通り、食材そのものを追求した料理が多くなっています。震災の影響なども気持ちに影響したのか、家庭でも楽しむ事ができる「省エネ・節約」料理もラインナップされています。
料理の内容などはできるだけはやく公開できるように準備を進めていますが、とりあえず道場流スイーツをひとつ。



マスカルポーネのお汁粉

ティラミスに使われる事でご存知の方も多いかと思いますが、あのクリーミーなマスカルポーネチーズを使ったお汁粉が驚きの味です。
白あんと牛乳とマスカルポーネといったシンプルな食材ですが、この組み合わせの妙というかセンスというか、さすが道場さんです。口に入れると、懐かしい優しい憧れの甘さ。そうですね、あのミルキーの味を少し大人っぽくした感じでしょうか。トッピングの紫蘇の実がまた絶妙です。
この旬皿の一品「マスカルポーネの汁粉」は銀座ろくさん亭懐食みちばで5月のデザートとして実際にいただく事ができます。

0 件のコメント:

コメントを投稿