2011年2月15日火曜日

稲越功一氏の感性の断片にアクセスする手がかりに出会う

先日Yellowのオフィスに伺ったときに、稲越功一氏がいろいろなものをスクラップし続けてた分厚い冊子を見せていただきました。写真やチケットが貼付けてあったり、ちょっとしたメモや、俳句のようなものが書かれていたり。その時々の稲越氏に触れられるヒントのようなものがたくさん詰まっている、そんな印象を受けました。それぞれ稲越氏に師事した時代が違う5人のYellowの面々は稲越氏ついて「機材やテクニックにこだわらないのに、同じ場所にいても他の人には撮れない写真を撮っている」と、口を揃えて話します。
折を見て、Yellowの皆さんともう少し深いところへお邪魔してみたいと思います。



0 件のコメント:

コメントを投稿